2017年02月19日

人生の中で一番好きな作家が・・・。(:_;)


 58_うるうる.bmp

 作曲家の船村徹氏が亡くなった。
 うさこちゃん・・・というよりそのまま、口がバッテン印(笑)のうさぎ ‘ミッフィー’の生みの親のオランダの児童作家のディック・ブルーナさんも亡くなった。


 そして2人の訃報と同じ日に、児童文学作家の佐藤さとる氏の訃報も届いた。


 小学生になって、多分、生まれて初めて読んだ「文庫本」が、この佐藤さとるさんの‘コロボックル物語’のシリーズ「だれも知らない小さな国」だったと思う。
 読書が好きな母に薦められて読んだように記憶している。

 小さい頃から本は好きだった。
 特に昔話の絵本で、話に出てくる動物の折り紙の折り方が載っていた本はよく覚えている。(折り紙の折り方自体は忘れてしまったが。(^_^;))

 しかし、親が買ってくれる絵本や新書版は読むことがあっても、小さな「文庫本」は大人が読むもの ・・・という意識があった。
 ・・・が、挿絵の村上勉さんの柔らかな感じと、当時テレビアニメでもこのシリーズが原案だった「コロボックルの冒険」という番組(だったと思う)が放送されていたので、恐る恐る小さな活字の世界に足を踏み入れる気になった のだった。

 すると・・・どうだろう。

 アッという間に、このコロボックルの世界の虜になった。

 母にねだってシリーズの続きの本(「豆つぶほどの小さないぬ」「星からおちた小さな人」「ふしぎな目をした男の子」「小さな国のつづきの話」)は誕生日などに全部買ってもらった。(勿論、自分の、ではなく母の所有物として。)

 アイヌ民族に伝わる話に出てくる、この小さな小人たちが、本当に自分の周りにいるかも知れない、と思うのに時間は掛からなかった。
 ついつい、辺りをきょろきょろと見回すことが増えた。(小さい頃、落ち着きがないと言われたのはこのせいかも知れない。(苦笑))

 小学校を卒業してすぐ、友人と学校に遊びに行った時、偶然、6年のときの担任の先生が焼却炉で本を廃棄しているところに出くわした。
 先生が図書室の管理担当だったらしく、ぼろぼろになった本を処分していたところだった。
 本が好きだった自分は、自然と残っていた本に目を向けた。
 すると、持っているにも係わらず、大きくて見やすいしタダ、というだけで借りたことのあるコロボックル物語の2作目、「豆つぶほどの小さな犬」を見つけた。
 咄嗟に‘先生、これも燃しちゃうの?’と訊くと、‘うん。’との返事。
 燃やすものなら・・・と直感が働き、‘なら、もらってもいい?’と尋ねると、‘いいけど、そんなぼろぼろの本?’との答え。 ‘うん、このシリーズの話、好きなんだ!’と答えると‘へぇ〜・・・。’と呆れたような苦笑いで許してくれた。
 そのとき、天にも昇るような嬉しさだったのは今でも思い出せる。
 好きな話の、しかも公共のものだからきっちり処分しなければならないだろうに快く譲ってくれた先生と、図書室の貸し出しカードの袋が付いた特別なその本を手にした感じは言葉では言い表せない嬉しさだった。

 思い出すだけでも涙が出る。

005.JPG

 88歳とご高齢だったとは言え、ファンは欲張りなもの。
 あと1作でも書いて頂きたかった。
 心不全だそうです。

 心よりご冥福をお祈りします・・・。
 (-人-)
posted by アント at 00:32| Comment(3) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月09日

また一人・・・。


 29_涙.bmp

 童話作家の松谷みよ子さんが2月28日に亡くなられていたことが分かりました。
 89歳、老衰のためだそうです。

 「龍の子太郎」「いないいないばあ」などで有名な作家さんですが、個人的には「モモちゃんとアカネちゃん」のシリーズが好きでした。

 ご冥福をお祈りします。
 (-人-)
posted by アント at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月09日

作ってみた。(番外編)


 44_星.bmp

 年末、大掃除だのお歳暮だの買出しだので何かと溜まったダンボールがく〜(落胆した顔)

 ただ資源回収に出すのも大変だ・・・と思っていたところへ閃いた。 ひらめき

 これで本棚 本 を作ろう。
 ダンボールを使って作るからには極力資金をかけずに、家にある使えるものを片っ端から使って作ろう。 手(グー)

 ブログが年明け一発で止まっていた あせあせ(飛び散る汗) 理由は、今回に限ればコレだった。

 少しづつ、少しづつ作っていった。
 両脇は何枚かを貼り合わせ、棚の部分は中に‘ なんちゃって ’トラスを入れて強度をつけた。
017.JPG

 貼り合わせるのは木工用ボンド、化粧紙は包装紙。
 で、完成。
002.JPG

 早速「積ん読」を移してみたが、思っていたより収納が出来た。 手(チョキ)
 o(^-^)o

 後は重たい本に、どれほど持ってくれるか・・・? あせあせ(飛び散る汗)
 o(>_<)o
posted by アント at 19:57| Comment(8) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月19日

野生の勘、本能の欲求。


 50_めがね.bmp

 お気に入りブログに登録させて頂いている「仲摩邦彦建築設計事務所」の管理人k_nakamaさんが面白い記事(「本をたどって・・・」)を掲載されていた。
 本の外側(装幀)と中身(内容)の関係についてのことをご自身の仕事に絡めた考察だ。
 (詳しくはブログを覗いて見て下さいね。 d(^-^) )

 その記事を拝読して、以前読んだことのある、思い出した本があったので取上げてみるが・・・何しろ変った随分昔の本なので、古書店でも手に入るかは判らないが、それだけは予め断っておく。
 m(_ _)m




その本とは・・・
posted by アント at 14:37| Comment(11) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月15日

明るく楽しく元気よく!!


 17_アイス.bmp



 毎日うだるような暑さ晴れですね。
 まあ、夏リゾートだから仕方がないですが・・・。
 (^_^;)

 ようやく蝉も鳴き出しいよいよ‘真夏全開!’というところですが、季節の好き嫌いというのは仕方がないもので、実はアントさんは夏が苦手なのです・・・。
 orz
 冬ならば、着込むなり運動するなりして温かくなる方法はありますが、夏はどうしようもないですからね・・・。(苦笑)

 でもこんなときこそ、「明るく楽しく元気よく」わーい(嬉しい顔)いきたいものです。




そこでこういうのを・・・。
posted by アント at 22:26| Comment(6) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月02日

なんとか・・・!


 
31_うずまき.bmp



 家の近所の書店が閉店して久しいですが、不思議だと思っていたことがあります。

 今までは閉店してなくなると割りとすぐ他の書店が出店していたのに、今回は全然出来る気配がないままなんですね。

 ずっと購読していた月刊誌が手に入り辛くなってしまい(2番目、3番目に近い書店では取り扱っていないんです。)、読まなくなって久しくなります。

 それにしても横浜から3、40分の距離で近所に書店がない、わざわざバスだ、電車だ、通販だと利用しないと本が手に入らないのには驚く事態です。



そうしたら・・・。
posted by アント at 20:15| Comment(3) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月10日

たまにはこんな・・・。


 
13_オバケ.bmp



 もうすぐ「お盆」ですね。
 梅雨からいきなり台風の季節に突入してしまいましたが、暦上は夏の行事がきちんとあるわけで、大変な夏になっちゃいましたね。

 それにしても、日本人の宗教観は独特、というか世界で唯一無二でしょう。

 「お盆」を迎えた後は、年末に「クリスマス」、1週間もせずに年越しで「寺院」へ鐘突きに。
 年が明ければ「神社」へ初詣。

 生まれたら七五三で「神社」へお参り。
 結婚式はウェディングドレスを着て「教会」で。
 亡くなったら「寺院」のお墓に。

 チャンポン、と言ったらその通りですが、宗教に対して客観的に見られるのはこういう文化が根付いているから、と言える気もします。


こんな日本人独特の宗教観が・・・。
posted by アント at 21:31| Comment(5) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月15日

これも現実!

 090714_2318~01.jpg



 
 終わりましたね、都議選。
 決まりましたね、解散・総選挙。
 出てきましたね、官僚の生産者に対する圧力。

 自民党議員に言われる前に配慮した、とのことだが、生産者が自主的に開く大会に招いた民主党議員を呼ばないようにするか、大会を中止するように言った、と。
 しかも、開催したら、生産物の買い取り価格云々等(この場合、卵や肉)がどうなるか、などまで言及したと言う・・・。

 何だ?この国は何時から共産主義になった?

 で、結局、一時は中止も検討したが、生産者が自主的に行うものだから、と強行。
 案の定、呼ばれた自民党議員が怒ってましたとさ。
 「力」を実際に行使すれば、政治的圧力(言動があっただけで十分、立派なもんですが。)として言い訳も出来ないんで、今のところは何もないそうですけどね。


 全く、目をそらしたい現実ばかりです・・・。orz

 でも、どうせなら「過去にあったはずの現実」に目を向けると、ちょっとロマンティック(#^。^#)かも知れません・・・。



それは色々残っているモノですが・・・。
posted by アント at 00:48| Comment(8) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月01日

こんなときだからこそ…!

 
13_オバケ.bmp



  最近、人事刷新をやるとかやらないとか、首相が当該閣僚の自分たちに連絡なしでする訳がないとか何とか・・・、はたまた対岸では‘勝手に’個人の名義で(当人が見に覚えが無いってんだから、勝手にですね。)献金をされていたとか、献金した人の住所を探したら個人宅はなく公立の図書館だったとか、それらは全て秘書が勝手にやったとかどうと言って、献金を‘ポッポ’が‘ポッポ’に入れてた(:_;)とか・・・。


 あー、鬱陶しい!!

 将来がある20〜40代の就職口がなくて大変な中で、60、70のおっさんが自分たちの保身にばかりキュウキュウしてるんじゃない!
 あなたたちの本分は違うところにあるんじゃないの?


こういうときこそ!
posted by アント at 21:00| Comment(9) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月23日

やっと読めた・・・。

 
31_うずまき.bmp


 以前、紹介したい本本が読み掛けであると書いた。
 この度、やっと読み終えた手(チョキ)

 ・・・

 久々に読み返してもいい本に出会ったわーい(嬉しい顔)


それは・・・?
posted by アント at 13:20| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月24日

お題を頂いたので・・・。(感謝!!)

 
31_うずまき.bmp


 この拙いBlogをご覧の方には、ご存知の方が多いokkurin(母)様から、‘何か、気分が明るくなる晴れ本があったら、教えてほしいんですが〜’というお題を頂きました((母)様、多謝!!)ので、自分の紹介できる範囲で探してみました。


で、どんなのを・・・?
posted by アント at 14:04| Comment(9) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月22日

Part 2(本なんぞ・・・。)

 
22_びっくり.bmp



 毎日、4時間前後の残業。
帰宅すれば、皆さんの楽しい記事にコメントするので精一杯。
自分のところがおろそかになる。

 この場で謝罪&お礼をさせてください。
全然記事が載らない中、訪問してくださった皆様、申し訳ありません。m(_ _)m
そして、お越しいただき有難うございました。

 極力アップするので、忘れないでね。(ぐっすん。(:_;))

 でも、ホント、タイトルを‘週刊 アントの雑記帳’とでもしようかね・・・もうやだ〜(悲しい顔)

 参っちゃいますなふらふら

 そのうち週刊が月刊、月刊が隔月間、そのうち季刊とか・・・。

 わーっ!!\(@o@;)/

 そうならないようにガンバロ・・・たらーっ(汗)


・・・で?
posted by アント at 12:38| Comment(11) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月03日

前進するために・・・。

 
29_涙.bmp



 本やCD、DVDなどを読んだり、聴いたり、観たり出来る時間は1日のうち、ホンのちょっと。
(だからむきになってやって、尚更睡眠削るんだけど。)

 CDも1枚通して聴けないので、新しく買ったものは、休みに回す。
(最初は必ず通して聴きたいので。)

 本も寝る前にしか読めず、しかも10〜20ページで‘落ちる’のでなかなか進まない。


それで?
posted by アント at 14:11| Comment(6) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月02日

今回のは、スルー可。


060331_0827~01.jpg






 ’人格形成のキーワード‘についてアップしていくようなことを、以前、記事にしてしまった気がする。

 なので、避けて通れないモノ(一応、漫画だが・・・。)に触れようと思う。

 が、予めお断りを入れておきます。

 今回のは、’スルー‘してくださって、何の差支えもありません。

 次回分は、また小生意気なことを知らず知らずのうちに書きそうな、’(アントさん的)ワクワクディスク‘を紹介する予定ですので・・・。


で、なんなのさ?
posted by アント at 14:06| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月29日

実際にあった(ある?)コワイ話・・・。(ブルブル・・・!)


13_オバケ.bmp

 最近は、疲れ目の回復がどんどん遅くなり、本を読む機会が減っている。(X_X)
(しかし、”積ん読”になっても買っちゃうんだけれどネ。)

 ただ、面白いものは、やはり何であろうと面白いので、アンテナだけは錆びないようにしている。
高性能アンテナではないので、せめてソレ位はしないと機能しないので。(^_^;)

 で、先日、新聞を読んでいて2005年秋に発売されて、すでに‘10刷’exclamationというのが目に飛び込んできた。


エッ、どんなの?
posted by アント at 15:21| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月26日

きっと、あなたの周りにも・・・。


21_リボン.bmp

 1週間のスパンで考えると週頭(日、月曜)はキツイのだが、世間のミナサマの大多数の方は休日なので、何かをアップせねばならんのでは?と考えて思いついたのがコレです。


なになに?
posted by アント at 14:04| Comment(2) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

おとーさんの正体とは・・・?(くすくす・・・。)


060322_1346~01.jpg









 新入りのTally、さすがに反応が良く、すこぶる快適である。 キータッチも、適度な反発があり、カチカチと沈む感じが気持ちイイ。

 で、このTallyの名づけ元のネタを、少しだけバラしてみようとかな?と。


知りたいと思ってくれるでしょうか?
posted by アント at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする