2017年12月13日

解ってる〜!o(^-^)o


 33_ビール.bmp

 新潟の友人から贈り物

 ここ数年、会うこともなかなか出来ないのに、こうして気遣ってもらえるのはとても有り難い

 今回は食品ナシの のみ!
 よく解ってるのは流石。(笑)
P1010009.JPG
 「チーズに合う 純米良寛 熟成酒」
 これは新進気鋭の蔵元なのか? 初耳の苗場酒造謹製。
 日本酒とチーズを合わせる・・・というのは白ワインとチーズの感覚とよく似ている。 実際、チーズと合う日本酒は多いと思う。 特にキリッとした辛口 は大概いける。 とても楽しみ。

P1010012.JPG
 「日本淳良清酒 金城山
 名声(難しい字で書かれているが、声という字の昔の書体。)布四海とあるが‘名声 四海に渡る’ということだとか。 信長の‘天下布武’と同じような使われ方らしい。 割と度数が高め。 どんな味なのか?

P1010014.JPG
 「しぼりたて原酒 生酒 越後で候 青ラベル
 彼の地元の蔵元、八海醸造謹製。 熱処理をしていないので要冷蔵(10度以下)だとか。

P1010020.JPG
 「八海山しぼりたて原酒 生酒 越後で候 赤ラベル 2017年冬 純米吟醸生原酒」
 多分に青ラベルの上のランク  これも要冷蔵。 ちなみに写真の‘精米歩合’とは原料の米をどのくらい削ったか?ということ。 一般的に削るほど雑味が減ると言われる。 パーセンテージは残った米の割合なので、青ラベルは40%削ったので60%残っている、ということ。 この赤ラベルは50%削って50%残っているということで、50%以上削った、少ししか残っていない米で作った酒が大吟醸

 冷蔵庫に入らないので止むを得ず新聞紙に包み箱に入れポリ袋を被せ、外の日が当たらない場所に保管。
 o(>_<)o

 今回の酒は全て初めて見た。
 おかげで年末年始が楽しみ
 感謝!
 m(_ _)m
posted by アント at 23:03| Comment(7) | 酒・肴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
断酒しているので、お酒の味はわかりませんが、これだけのお酒は嬉しいものですね。熱燗より冷やの方が美味しいかも。。。
Posted by 凪々 at 2017年12月14日 07:45

アントさん
こんにちは〜
幻の銘酒の数々 羨ましいです
お正月が酒三昧が楽しめそうですね

Posted by 栄ちゃん at 2017年12月14日 15:07

 皆様、コメントをありがとうございます!
 m(_ _)m

 @ 凪々さま @

  どもー。

  断酒・・・ですか。 体には良い(ストレスが溜まらなければ!?)ですよね。 自分も昔みたいにしょっちゅうは呑まなくなりました。

  1番上の写真には‘熱燗にすると・・・’とありますが、自分も冷やの方が好きです。
   o(^-^)o


 @ 栄ちゃんさま @

  いらっしゃいませ。

  そうですね、普段&#21534;みには、ちょっと勿体無いかな?と思っちゃいます。
  (^_^;)

  年末年始に有り難く頂こうと思ってます。
  o(^-^)o
Posted by アント at 2017年12月14日 18:45
へへへっ、
居酒屋開店ですね。
お近くですので近々、お伺いさせていただきます(笑)
Posted by S40☆BOY at 2017年12月14日 19:42

 @ S40☆BOYさま @

  ようこそー。

  まさにそんな感じですね。
  チャージ料を奮発して頂けるなら考えます。(笑)
Posted by アント at 2017年12月14日 21:49
新潟の銘酒の数々、良いですねぇ。
熱処理していないお酒はふなくち菊水で虜になっているので、うらまやしいです。

今夏にえっちゃんのご両親の出身の会津に行った際に、獺祭(ご存じの通り山口の酒)を持参しようとしたのですが、やはり、ということで取りやめたのです。
当地で酔いも周ってついその経緯を話したところ、

「それと酒とは話が別〜っぎゃははは〜」

大杞憂でした(笑)。
Posted by らんぼ開設準備室長 at 2017年12月19日 21:24

 @ らんぼ開設準備室長さま @

  おいでやすー。

  熱処理していない酒は、ウチも父がふなくち菊水を好むのでそのときにお相伴に預かるくらいで、キチンと&#21534;んだことがありません。 なのでとても楽しみです。
  o(^-^)o

  獺祭は揉めちゃってますねー、問屋と小売で希望の販売価格差が大きいようで。(酒蔵は皆に&#21534;んで欲しい、幻の酒にしたくないといって安く卸しても小売では高く売れるのでかなり儲けを乗せているところが多いらしい。)

  やはり地元のお酒に誇りを持つ方は多いでしょうが、色んな土地の酒を&#21534;みたい・・・というのも酒&#21534;みの本音なんでしょうね。(笑)
Posted by アント at 2017年12月20日 23:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: