2018年11月27日

PCレスからの復帰・・・。 o(>_<)o 完結編


 36_ガーン.bmp



 まず考えたのは、原因がメモリかメモリのソケットかの切り分けが出来ないか?だった。

 試すとすれば、メモリを最小の枚数で挿して、PCが起動するかどうかを試してみるしか思いつかない。
 しかしやってみる価値はあると思った。

 なので、4枚あるメモリのうち、汗が落ちた場所とは関係ないスロットに挿してあった1枚を試してみた。


 ・・・動いた!?
 時間は掛かったが、普通に起動した。

 これで少なくとも電源ユニットが原因でないことが確定

 後はスロットだけの問題なのか、それともメモリだけの問題なのか、はたまた両方ともダメなのかを探らないとキチンとした原因を突き止められないのだが・・・ふと、そこで考えた。


 幾ら当時奮発したとはいえ、もういい加減、型としては旧式のPCだ。
 これから益々ソフトの容量も大きくなっていくだろうし、処理速度やメモリだって、これが直ったとしてもどんどん負担は掛かるだろうし、家で使うにはこれで十分と言えるのもいつまで大丈夫という保証はない。

 それなら、最小限度のスペックでも動くのだから、今はそれで使っていよう
 その間に資金を溜めながら、次を考える方がいいのではないか?
 最近のPCは性能が格段と上がっているし、PCに拘らなければ今ではタブレット端末という選択肢もある・・・。


 そう考えて、メモリは安定する偶数の2枚で起動するのを確認し、そのまま使うことにしたのだった。


 結論。

 少しだからといって濡れた箇所を拭き取ったとしても、そんな簡単に通電してはいけない・・・。

posted by アント at 22:23| Comment(3) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月25日

閑話休題 - 作ってみた。その57(胡麻風味のフロランタン)


 10_ケーキ.bmp

 記事の寄り道が長い・・・。


 先だって両親の金婚式の祝いの汁粉に使った胡麻が余っていたので、久しぶりに作ってみたシリーズ。

IMG_20181124_114601.jpgIMG_20181124_120136.jpg

 好きな菓子に「クイニーアマン」「フロランタン」がある。
 クイニーアマンは簡単に言えばクロワッサンの上にキャラメリゼ(砂糖を溶かして固めたもの。 まぁ、鼈甲飴みたいなもの。)した菓子。
 フロランタンはクッキー生地のケーキにキャラメリゼしたようなものだ。

 実はクイニーアマンに胡麻餡を入れて和風に作ろう・・・なんて考えたのだが、結果、胡麻餡入りのフロランタンみたいなものになってしまった。(胡麻、焦げるし・・・。
 理由は簡単、母が乳製品を一切ダメなので、抜いたり変えたりしたらこうなった・・・ということだ。

 キチンとした型がないので見た目は悪いが、味はまぁそこそこの出来だったので、またいつかリベンジをしたい。
posted by アント at 17:36| Comment(5) | デザート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月19日

閑話休題 - まだまだ花には疎い・・・。o(>_<)o


 38_花.bmp

 週末、散歩をしていて、どんより淀んだ天気の中、道端で見かけた小さくて可愛い黄色い花
IMG_20181118_163444.jpg
 相変わらず、名前を知らない。
 でも、何か気持ちが和んだ・・・。
posted by アント at 19:35| Comment(3) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月11日

閑話休題 − やっぱり今年はおかしい!?q(@o@)p


 38_花.bmp


 土曜日、運動不足解消を兼ねて散歩をしていたときのこと。

 ふと目の前にちらつくものがあって落ちてきた方向を見上げてみたら・・・



そこに見たものは・・・
posted by アント at 22:29| Comment(7) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月09日

PCレスからの復帰・・・。 o(>_<)o その6


 36_ガーン.bmp

 時間が空いてしまったが、前回の続き。


 新品の電源ユニットを購入、届くまで時間が掛かったが早速交換した。
 なのに、またそれから1週間も掛かってしまったのはどういう訳か?

 ・・・結局、今までと同じ症状が変わらなかったからだ。

 つまり、電源には異常がなかった、ということだ。

 そうすると、問題は基盤(マザーボード)以降の流れにある・・・となる。
 一番面倒で恐れていた事態だ。

 目で見てもそれぞれの部品は、どこも何ともない。
 ・・・となれば、唯一考えられるのは、清掃中に‘汗が落ちてしまった箇所’だけだ。
 つまり故障箇所はメモリかメモリのソケットに絞られる。

 メモリなら、まだ被害は少ない。
 交換するにも比較的安価で済む。

 マズイのはメモリのソケットだった場合だ。
 ソケットだけ交換・・・と言う訳にはいかない。
 半田付けされている基盤を丸々交換となる。

 そうなった場合、そこに挿してあるパーツはメモリや他の合わないものは全て買いなおさなければならない
 基盤だけで済む話ではなくなってくるのだ。

 今でこそ型は古いが、購入当時は割と奮発してグレードがいいものを買ったので、同じ規格の上位互換というものはない
 今ではすっかり古くなった今と同じ規格の基盤を探すか、後続の互換性のない新しい規格の基盤にするか・・・の選択になってしまう。
 そうなるととても大きな出費となる上、どっちにしろデータの移行という、とても面倒な作業が控えることになる。
 同じHDDを使って今までのデータを利用したいと思っても、マザーボードが違うとウィンドウズは別のPCだと認識する。 なので今までのウィンドウズのユーザーだと同じだということを引き継がないといけないのだ。

 ・・・何とかならないか?


 ( ‘まだ’ 続く)
posted by アント at 19:28| Comment(3) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする