2012年05月31日

作ってみた。その28(蒸しパンとその考察 Part2)


 12_どんぐり.bmp


 基本的にパンは焼くものであって、蒸しパン以外に‘蒸す’パン、というのは聞いた事が無い
 蒸すのは饅頭など、他の領分だ。

 そこが落とし穴だった。

 ‘蒸す’、ということに関してノウハウがない。

 焼く、特にオーブンで焼く、なら一般的に電気よりガスの方が強いとか、熱が上がっていくタイミングなどもある程度は分る。

 しかし、‘蒸す’、はない。

 自宅でアント母が料理を作るときでも蒸す調理は面倒 & レンジがあるので、昔のように蒸し器を使って調理することはなくなった。
 アント母が蒸し器を使っていたのなんて、○十年も前で終わっている。
 その頃はレンジが無い頃だったから、茶碗蒸しやお赤飯を作るとなれば、蒸し器で作るしかなかった。
 今はレンジでチン!すればいいような商品を店で売っている。
 お赤飯なんて、電子ジャーに専用のモードが搭載されているのが当たり前だ。

 なので更にレシピを検索すると、やはり皆考えることは同じなのだろう、レンジで作るレシピが沢山あるではないか。

 これで行こう。

 方針が決まった。

 自分1人分を作るのは 量が少ないと面倒くさい 気が引けるので、巻き込むことにした。
 アント母は乳製品がダメなので、両親の分も作るとなれば、そういうメニューを中心に探す必要がある。

 だが、ある程度はコクを出さないとただの饅頭の皮になりかねない。
 スキムミルク が余っている は少し使おう。

 で、幾つか作っているうちに気付いた。

 時間が経つと固くなる。

 これはどのレシピにも大抵冷めた場合には食べる前にもう一度レンジで温めるよう書いてあるから、避けられない問題なのかも知れない。
 実際、店頭に並ぶ商品の場合は固くならないように「脂肪酸エステル」という植物油から取り出した添加物などを入れてある。
 自宅で作るときも、理屈の上ではこの成分が入っている油脂を使えば固くはならないはずだが、そんなのは知る由も無い。

 そしてもう1つ。

 上がパックリと割れない。

 レシピを up している人の間でも、このことがわからない、と結構頭を悩ませている人が多かった。

 しかし、参考にしたレシピを比べている内に気付いた。



 (まだ続く。)


posted by アント at 21:14| Comment(5) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月27日

作ってみた。その28(蒸しパンとその考察 Part1)


 12_どんぐり.bmp


 以前、「作ってみた。その23(チーズ入り蒸しパン)」のときに「蒸しパン」に関して‘作ってみたいものがあるので、それを作ったときにまた記事 ペン にする’と書いた。
 で、先日ようやく作ることが出来たので少しまとめてみようと思う。

 しかし、少々長くなるので分割して載せるのでご容赦願いたい。

 実は作ってみたシリーズの間にも昨年の9月11日の記事で蒸しパンを作ったとき以来、ちょこちょこ蒸しパンは作っていたのだが、なかなかハマってしまい記事にならなかった。
 その理由は・・・食感、だ。

 記事もその頃のものに手直しする形で書いているので、‘この暑くなってきたときに蒸しパン!?’と思わないで頂ければ幸いだ。




 何気なく ‘蒸しパンが食べたいなぁ・・・’ と思ったのが始まりである。

 蒸しパン、というとどのようなイメージをお持ちだろうか?

 ふわふわ、しっとり、もっちり・・・。

 人によって様々だと思う。

 自分はふわふわのスポンジのような蒸しパンも、マーラーカオのようなもっちり蒸しパンも、コンビニなどで売っているくるみ蒸しパンのようなしっとりしたものも好きだ。
 そして暫く食べていないのに気付いて食べたくなったようだ。
 ホント、何気なーく、頭に浮かんだのである。

 ただ、巷で(と言うか蒸しパンが好きな人たちの間で、か?(笑))有名な「ムッシュ蒸しパン」のような専門店は近所にないし、わざわざコンビニやスーパーに蒸しパンだけを物色しに行くのも面倒だ。

 なら、自宅で作れないか?ということで検索してみると、まぁあるわあるわ。
 みんなスゴイ。 (^_^;) バラエティに富んだものがコレでもか!と・・・。

 そこでレシピを幾つか見て気付いたのは

 ‘・・・これってイースト、使ってないよね?’ 。


 パンをある程度思うように作るのには慣れがいる。

 イースト(酵母、つまり生き物)を使うために、生地の温度は勿論、気温や室温、湿度に影響されるからだ。
 だから、失敗しても諦めず ふらふら何回か作らないと、ポイントがつかめない。
 作る場所や使う道具の癖を覚えなければならないからだ。

 幸い、というか、仕事でパンの仕込みを2年ほどしていた(成形も合わせれば都合5年ほど)経験もあって、ある程度面倒くさい作業でも、免疫は出来ている。(苦笑)
 ましてや一番面倒なイーストを使わないなら尚更だ。

 イーストを使わないなら簡単だよね? わーい(嬉しい顔)高をくくったのが、深みにはまる第1歩だった・・・。 がく〜(落胆した顔)



 (Part2に続く)
posted by アント at 21:53| Comment(3) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月21日

金環日食でしたね。


 27_おひさま.bmp

 世間は日食一色

 自分も結局観測



 周りや近所が歓声

 まあるくリングが完成



 雲の切れ間にちらちら

 梅雨の晴れ間にキラキラ
 (^_^;)





 梅雨はまだ沖縄だけですね。(苦笑)
 少ししか見えませんでした・・・。 orz
posted by アント at 21:23| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月20日

作ってみた。その27(紅茶のシフォンケーキ)


 12_どんぐり.bmp

 作ってみたかったのはシフォンケーキ
 名前は優雅だが、材料はシンプルだ。
 クリーム牛乳バターを使わないで出来る。
 だが、却って紅茶がイマイチならそのままの香りが出てしまうので、先に風味を確かめたくてクッキーを作ったのだ。

 120422_1618~01.jpg





 120422_1618~02.jpg





 紅茶の茶葉はフォションアップル・ティー
 時間は経っていたが(苦笑)、未開封だったので香りに申し分はなかった。

 クッキーで焼いてあれだけ香りが残れば上等だろう。

 で、作ってみた。
 このケーキの最大の特徴はフワフワ過ぎるため、オーブンから出すとすぐに焼き縮みが始まるので、逆さまにして冷ましてそれを防ぐ、ということだろう。
 そのためにシフォンケーキの型はドーナツ状になっていて中央が回りより高くなっている。

 当然、ウチにそんなものはない。
 o(>_<)o

 だが、工夫でどうにでもなるものだ。

 120417_1118~01.jpg





 自分は大きめの皿の中央に空き瓶と卵を溶く器を用意した。
 2通りで試したが、結局どちらもうまくいった。

 これは親にも評判が良かった。わーい(嬉しい顔)

 まぁ、茶葉のおかげなんだが・・・。
 (^_^;)
 120417_1212~01.jpg





 120422_1515~01.jpg










一応、レシピを知りたい方のために・・・。
posted by アント at 21:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月19日

作ってみた。その26(紅茶のクッキー)


 12_どんぐり.bmp

 ずーっと以前に紅茶の葉をもらった・・・ようだ
 orz

 気付いたら、戸棚にあった。
 日付は・・・結構なものだ。
 o(>_<)o
 幸いパックではなく缶入りでびっちり密封してあるので、サクッと使ってしまえば極端に風味が落ちる前に使い切ってしまえるだろう。
 一応、アント母に今後も使う予定のないことを念押しする。
 面倒くさいんだもんとの返事。がく〜(落胆した顔)

 決定。
 自分が使う。ちっ(怒った顔)

 作って見たいものもあったが、まだ葉の風味が分らないので手始めにクッキーで確かめることに。
 気楽に作れることも気分転換の大事な要素だ。
 材料は有り合わせが大前提。わーい(嬉しい顔)
 揃えようとするとつい買い過ぎてしまうので、またそれらを使わねば・・・という悪循環に陥りがちになるからだ。
 買い物、というのもストレス発散になるので、そこで夢中になっては本末転倒、ということだ。
 で、作った。
 林檎の香りが上品だが、思ったより香料のような臭みはない。
 なかなかおいしい。
 これなら使い回しが効く。

 もう1品(でも同じそれを2回作った)で使い切ることになった。
 その品は次回に。

 120415_1057~01.jpg





 120415_1100~01.jpg










一応、レシピを知りたい方のために・・・。
posted by アント at 22:03| Comment(5) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月18日

残念、また巨星が・・・。(>_<)


 29_涙.bmp

 がんにより、1970年代の‘ディスコ・クィーン’と呼ばれたアメリカの歌手、ドナ・サマーさんが亡くなられました。
 63歳だそうです。

 自分も大好きなのですが、飲料水のCMソングに使われた‘ホット・スタッフ(Hot Staff)’はどなたでも耳にすれば‘あぁ、この曲!’と分るくらい有名です。

 ご冥福をお祈りします。
 (-人-)


posted by アント at 21:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月14日

作ってみた。その25(サバラン風シフォンケーキ)


 12_どんぐり.bmp


 世間で言う「母の日」であった。

 特に意識していなかったが、紅茶の葉があった。
 いずれ記事にする予定(作ってみたシリーズはリアルタイムで up してはいない)だが、ウチでは紅茶の葉があっても使わない

 で、それも同じように‘処理’しようとしたが、開けてみたら茶葉そのものでなく、ティーパックだった がく〜(落胆した顔)
 これなら急いで使う理由も無い。

 が、気分転換できると思っていた当てが外れて バッド(下向き矢印) 、何かモヤッとする。

 で、作ってみた。

 サバラン風のシフォンケーキ
 基本的に面倒なのは作りたくない
 何しろただの‘気分転換’が目的だ。
 材料を出すところから、出来上がって調理器具が洗い終わるまでの時間が1時間〜1時間半くらいが望ましい。
 (大概、親が買い物に行ってるときに作ることが殆どなので、それくらいが制限時間なため。)

 今回も冷ます時間を除けばそんなものだ。
 何しろ本当のサバランを作るとなれば、1度「ブリオッシュ」と言うパンを焼かなければならない。
 ちょっと洒落たパン屋(今ではベーカリーかブーランジュリーと言うらしいが。(苦笑))なら、「雪だるま型」のパン 雪 を置いてあるのを見たことがある人もいるかも知れない。
 サバランは、形こそ違うが同じ生地だ。

 その生地がとても面倒 ふらふら なのだ。

 普通、硬いパンは生地のときから固く、柔らかいパンは生地のときから柔らかい。
 硬いパンの生地が柔らかかったり、柔らかいパンの生地が固いのは何か失敗しているわけだ。


 で、ブリオッシュ

 この生地は‘ベタベタ’と言う言葉が相応しい。

 しかし、はっきり言って、そんな根性はない。

 なので、イーストも強力粉も使わない、ベンチタイム(パンの生地を寝かせる時間)も要らない、それでもブリオッシュと同じようにふわふわと柔らかい(勿論、丸っきり同じ食感にはならないが。)シフォンケーキで作ろうと思い立ったわけだ。

 自分はイイと思って作ってみても、親の反応は相変わらず、だったが・・・・。 orz

 120514_1510~01.jpg





 120514_1513~01.jpg











一応、レシピを知りたい方のために・・・。
posted by アント at 21:15| Comment(4) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月11日

植えてみた。その3


 38_花.bmp

 ゴールデンウィーク最後、茨城、栃木で竜巻台風が発生した6日の強風10日に関東を襲った雹雨雷大打撃

 枝豆半数近くがダメになってしまった・・・。 orz

 キッツイなぁー・・・。 ふらふら

 120511_2031~01.jpg


posted by アント at 20:58| Comment(7) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月06日

植えてみた。その2


 38_花.bmp

 枝豆のが出て、およそ10cmほどの高さまで伸びてきた。 わーい(嬉しい顔)
 そろそろ芽によっては倒れ始めるものも出てきたので、定植というか植え替えをした。

 支柱にいいものがなかったので、和菓子や焼き鳥で使うような、手で持つ部分がある竹の串と細い結束線で自作。

 120506_1558~01.jpg





 120506_1558~02.jpg




 しかし、支柱の長さがやや短めなのが今後少々不安。ふらふら




 今日もまた関東では天候が大荒れ
 我が家は幸い竜巻 台風 の直接の被害はなかったが、枝豆は強風で幾つかダメージを受けた バッド(下向き矢印) ものも。

 水分のやり方が悪いのか、茎の途中が茶色くなってしまった もうやだ〜(悲しい顔) ものもある。
 育てるのって大変だ。
 o(>_<)o
posted by アント at 21:15| Comment(4) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月03日

作ってみた。その24(和風ピザ)


 12_どんぐり.bmp

 前回チーズ入り蒸しパンを作ったが、チーズは残っている。
 まだ、ある。

 ピザトースト、にするにはパンがない。ふらふら
 わざわざ買ってくるのは面倒だ。

 作ろう。 本当は中力粉か、薄力粉強力粉を混ぜて作るが、まぁ他の誰かに食べさせる、と言う訳ではない。
 せいぜい家人だ。

 で、作ってみた。
 アント母は肉類は勿論、魚卵、乳製品も一切ダメ もうやだ〜(悲しい顔) なので同じ生地の1/3箇所だけ母用に別エリアにして、別具材で。
 (これで文句は出てこない。(苦笑))

 簡単に出来た割りにはなかなか。
 これでやっと使い切った・・・。 orz

 120414_1512~01.jpg





 120414_1514~01.jpg

 金平部分。(笑)



 120414_1521~01.jpg


 明太子部分。







一応、レシピを知りたい方のために・・・。
posted by アント at 11:08| Comment(4) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする