2017年04月22日

独り言っぽく・・・。(備忘録なので。(^_^;)) その4


 20_ピン.bmp

 前回記事の Windows の自動アップデートは、気になったきっかけがあった。


 Windows XP から Windows7 に鞍替えしてから随分時間が経っているのに、最近になって気が付いた。

 ‘ コンピューターの基本的な情報の表示(「スタート」→「コントロールパネル」→「システムとセキュリティ」→「システム」)’の画面で、XP にはなかった‘ システム:評価 ’という段落を見つけた。( Vista と Windows7 にあるらしい。 以降はコマプロで動かすとか・・・。)

 何度か目に留まってはいたが、ずっと‘ システムはまだ評価されていません ’と表示されたままだった。
 ついこの間、何気なく‘ それならどのくらいのものなのか、評価を見てみよう ’ と思ったのが事の発端だった。


 ‘ システムを評価する ’をクリックしてみると・・・ブルースクリーンになってPCが落ちた・・・。


 勝手に再起動して復帰してくれた ものの、理由が分からない。
 偶然なのか、そうなる何かがあるのかを確認するべく再びクリックしてみたが、確実に、落ちる。
 orz

 調べてみると、自分の PC に搭載しているグラフィックボード( PC の情報を画面に出力する補佐的な基板)と OS である Windows7 との相性が余り良くないせいで起こる現象らしい。 同じような人がいるわ、いるわ・・・。
 どうも解決するには以前の古いディスプレイドライバー(画像を出力するための PC とディスプレイの通訳のようなソフト)に入れ替えないといけないらしい。
 普通に考えれば、改良点を修正するから常に新しいドライバーにする必要がある訳で、それを元に戻すとなると当然のように不安 を感じる。 しかも、情報に寄ればかなり以前のヴァージョンまで戻さないといけないようだった。

 ・・・面倒だ。

 別に評価を気にしなければいいだけなのでは?

 しかし、逆に言えば現在は評価出来ないような構成になっているということだ。

 古いドライバーだが、入れ替えたユーザーはそのヴァージョンが‘ 安定 ’だとしている人が多い。

 仕方がない、やろう・・・。
 orz

 予め古いドライバーをメーカーのサイトからダウンロードしてデスクトップ上に置いておき、セーフモードで再立ち上げ、現在のドライバーを削除し、デスクトップのドライバーをインストール。
 再起動して評価をしてみる。

 出来た。

 しかし、ここで気付いた。

 放っておいたら Windows の自動アップデートが起動した途端に、このドライバーはまた新しくなってしまう。
 なので、アップデートの設定を変えなければならない。

 ダウンロードはしても選択してインストールする設定に変更。

 これで大丈夫。

 ただ、このアップデートのスケジュールってどうなっているんだろう・・・?って考えた先の、前回記事なのである・・・。

posted by アント at 21:27| Comment(2) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

独り言っぽく・・・。(備忘録なので。(^_^;)) その3


 20_ピン.bmp

 自分のPCは Windows の自動アップデートを設定していて、特にアンチウィルスソフトの定義の更新に使っているが、他のプログラムはどうなっているんだろう?と、ふと気になった。 それらを調べるには‘ タスクスケジューラ ’という機能がある。

 そこで今まで開いたことがないタスクスケジューラを開いてみた。


 壊れているファイルがあって開けなかった・・・。
 orz

 表示されたメッセージがタスクイメージは破損しているか、または変更されています。(HRESULTからの例外:0x80041321)

 多分、自動でアップデートされたり、クリーンアップしたりするソフトが使う何かのファイルが壊れているんだろう。
 調べると、結構同じ症状になった人がいること、いること。

 直そう。

 (Windows7:64bit の場合)
  「スタート」→「コントロールパネル」→「システムとセキュリティ」→管理ツールの欄にある「タスクのスケジュール」を開き、画面下の方にでも小さくしておく。

  デスクトップ上に適当な名前でワーク用のフォルダを作る。

  「スタート」→「コンピューター」→「ローカルディスク(C:)」→「Windows」→「System32」→「Tasks」の中にあるフォルダやファイルを‘ 全部 ’作業用に作ったデスクトップ上のフォルダにコピー。

  「Tasks」の中身を全部消去した後、「Tasks」は開いたままタスクスケジューラの‘ 最新の情報に更新 ’をクリックし、エラーが出ない(タスクスケジューラ自体が壊れていない)ことを確認。

  作業用のフォルダから、開いたままの「Tasks」に1つファイルをコピーしてタスクスケジューラの‘ 最新の情報に更新’をクリック。

  を繰り返し、エラーが出たらば、それが壊れているファイル。(フォルダの場合はフォルダの中のどれかのファイル。) それ以外を全て移せばタスクスケジューラは正常になる。 (因みに自分のところでエラーが出たファイルはデフラグの結果が出力されたファイルと何かの検査のログファイル(備忘録と言いながらもう忘れている・・・。 orz)だったので躊躇わずに削除。)

  デスクトップ上に残した作業用のフォルダを削除し、他も全て閉じて完了。


 面倒だったがすっきり。
 d(^-^)

posted by アント at 21:58| Comment(2) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

独り言っぽく・・・。(備忘録なので。(^_^;)) その2


 20_ピン.bmp

 先日、急にDVDプレイヤーのリモコンが効かなくなってしまった。
 orz

 ただ効かない、というには不正確だ。
 特定のボタンだけが、効かなくなった。

 何がいけないと言って、電源ボタンが効かなくなった のが痛い。
 わかっただけで電源ボタン、HDDのメニュー表示、巻き戻しのボタンとリモコンの左側に配置されているボタンの具合が悪い。(デッキ本体の手動では動くのだが。)

 しかも自分の部屋のテレビは、DVDプレイヤーの内蔵チューナーを経由しているので、これが動かないとテレビを観られない。(テレビの切り替えボタンはディスプレイ側に有り、すでに具合が悪い。(:_;))

 直そう
 まだリモコンを直す方が楽だろう、という結論。

 色々とサイトで調べた。

 まずリモコンから赤外線がきちんと発射されているかどうかは、デジカメや携帯、スマホのカメラを通すと確認出来ることが分かった。 写真に撮らなくても、ファインダーを見るだけで確認出来る。 発射されていれば、肉眼では見えなくてもファインダー越しに白く発光しているのが確認出来る。(注意するのは、カメラの露出を測るための赤いランプがリモコンのLEDに反射しているのを間違えないこと。)

 そこでやはり特定のボタンだけ光らないことが分かった。

 で、分解。

 基板一枚と押しボタンのパッドが入っているだけ。
 オーディオ用のアルコールで基板とボタンの接触する部分を拭き取って組み立て直し。

 ダメ。

 ボタンが基板に当たる部分が磨り減ると、こういう現象が起きることもあるという。
 その際に、ボタンのパッドの基板に当たる部分にアルミ箔や100円均一で売っているアルミテープを小さく切って貼り付ける、という技があることも知った。
 再びバラして試してみた。
 
 ダメ。


 こうなるとお手上げに近い。

 基板にはICチップ1個とコンデンサ類が1つ2つ着いているだけで、基板の切れている部分も見当たらない。

 他に手はないか?

 さらに調べると、大体は出来ないことが多いが・・・という前置き付きで‘ リモコンの電池を抜いて3秒以上電源ボタンを押す。その後に電池を入れるとリセットされる。 ’というのを見つけた。

 何故、電池を抜いてボタン? それでリセット?
 理屈が分からん。

 でも分解をしなくていいなら、やってみるか・・・。

 直った!!

 完璧に戻った・・・が、未だに理屈が分からない。
 静電気でも放出したのか?

 でも直ったのだから良し。
 もし皆さんもリモコンの不具合があったときには試してみてもいいかも。
 大体は効かないらしいが・・・。(苦笑)
posted by アント at 22:06| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月05日

まだ奮闘中。 (^_^;)


 50_めがね.bmp

 PCのメンテナンス、継続中。

 かなり(動作が)軽くなったが、まだ解決していない問題が。

 同じプリンタをずっと使っているのだが、何故かプリンタドライバが入っていない、とエラーが表示されてしまう。(実際は入っている模様。)

 実はプリンタの印刷するヘッドの調子が悪くて、最近は使うことが殆どなかったので気付かなかった。
 どうやらPCを立ち上げる際に自動でソフトをアップデートしている中で、アンマッチ が発生したらしい。
 プリンタは元々古いので32ビット仕様。 PCはXP(32ビット)からOSを更新して今は7(64ビット)。 しかし、PCとプリンタを取り持つソフト(プリンタドライバ)を64ビットにしても使えるとのこと。 が、PCが立ち上がるときの履歴を見ると、プリンタドライバが見つからないので初期化出来なかったとか言っている。 さあてどうなることやら・・・?
 (:_;)

 皆さんも、PCの立ち上がりが遅い、最近動作が重いと思ったら「イベントログの表示」というのを見てみることをオススメします。
 (Windows7の場合 「スタート」→「コントロールパネル」→「システムとセキュリティ」→管理ツールの欄にある「イベントログの表示」)
posted by アント at 21:36| Comment(3) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

独り言っぽく・・・。(備忘録なので。(^_^;))


 20_ピン.bmp

 先々週頃から何ともPCのスキャンに時間がかかるようになり、ブログの記事を上げるどころか時間的にブログ・サーフィンするのが精一杯になってしまった。
 orz

 普段はクイックスキャン、月に1度フルスキャンをしているのだが、そのクイックスキャンで3時間とかかかった挙句に止まってしまうという訳の分からない状態になってしまった。

 それからの対処について。

 ・ スキャンの最後に止まってしまうのが「Xlink Kai〜」というフォルダ。 3つほどあったが、結局それを運営している団体がサポートを止めてしまったのが原因と判明。 運営が別団体に変わったのだが、とりあえずスキャンの対象から外すことに。
 
 ・ その後、「(x86)Windows 〜」というフォルダ2つで止まる現象。 使っていないプログラムだが、どうやら‘ .dllファイル ’という共有ファイルが古いか足りないらしい。 使っていないので深くも調べず。 これらも対象から外した。

 ・ スキャンを始めてすぐ、‘ 予備スキャンの段階で〜 ’というメッセージが出る。 調べるのに「イベントログの表示」というのが役に立った。(スタートボタン → コントロールパネル → システムとセキュリティ → 管理ツールの欄にあるイベントログの表示) そこで出ているエラーや警告を1つ1つ確認して消去。


 ようやく少しはまとも(PCの動作自体が軽くなった)になったが、古いプログラムはサポートがなくなっていることが多くなってきた。
 これからはもっと増えるだろうから注意しないと。
 o(>_<)o

 P.S. Windows Media Player → ○
    Real Player → ×
    Real Network の Real Player は、アメリカの消費者団体の‘バッド・ソフトウェア’に認定されている。
    Real Networks.A の亜種というソフトを組み込み、PCの動作を重くしてしまう。
    フリーソフトだが、削除推奨。
posted by アント at 19:00| Comment(6) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする